子供の本当の心

こんにちは。
時短勤務やめましたです。

2年生になる子供が・・・クラスで孤立してしまいました。
そう、いじめに近い状態です。
私は子供の心の声に気づいてあげることができませんでした。
親として・・・情けなく、子供に申し訳ないです。

1年生の頃は鉄棒、ウンテイと毎日外遊びを楽しんでいた話をよく聞いていました。
そのころもお友達に持ってきていけないものを持ってくる子供に注意をしたり、特定のお友達ではなく他のお友達と遊ぼうとすると「友達やめるよ!」など言われ怒って帰ってくる事はありました。
2年生になっても同じ話を当初はしていたのですが・・・・先日学校のイベントがあり、仕事を辞めたので初めて参加できたので子供をつれて参加してみて・・・気づいたのです。
その?の気持ちを確かめるため、写真を見返してみると・・・そこには2年生の1学期から子供の笑顔が作り笑顔である事・・・気づきませんでした。
当時会社を辞める事、手続き、不安様々な自分の心境ばかりに気をとられ・・・大切なものが見えてなかったのです。

子供が2年生になって外遊びをしている話をしない理由、家に大量の折り紙がある事、自由帳がすぐ一杯になる理由。
そう仲間外れにされ、その子供におびえるように生活していたのです。
他のグループの子供と遊ぶと、そのいじめている子供が○○ちゃんと遊ぶと「友達やめる」と言っているそうで・・・一人ういているのです。

その子が遊ぶ子供がいないときだけ、○○ちゃん遊ぼうと遊んでくれる。と・・・。その時は遊んでくれて仲間に入った気持ちですごく喜んで帰ってくるのですが・・・次の日はまた仲間外れ。

もともと地元でない事、保育園からのお友達は他の小学校(引っ越したので地域が変わってしまった)
私が仕事ばかりでイベント参加などもしたことがない事。今まで学童だったため、他の子供と遊ぶ機会がなかった事。すべてが悪いほうに。親同士のつながりも幼稚園組なる組織の人たちはいろいろイベントあるたび集団で行動するため、私も浮いている状態なのも影響しているのかもしれません。
幼稚園組なるお友達が家に遊びに来た際、お迎えにお母さんが来たのですが、家が古いせいか(築50年以上の物件)そのあと遊ぶ話すら、避けられるようになりました。(家にくるまでは遊ぶ事もありました)

学童組・・・幼稚園組・・・いろいろな呼び名でグループ分けされている。(学童も同じ保育園出身の子がほとんどいないため学童でもいつも一人と言っていた)

様々な事を私は見たり、聞いたりしていたのに・・・なぜ聞いてあげなかったのか?対応しなかったのか?
自分は母親失格なのだと思い知らされました。

仕事で忙しく、仕事の人間関係、仕事の時間、すべて仕事の悩みで自分がいっぱいいっぱいだったので、子供の事は聞いているようで、聞いていなかった。聞いているつもりだったのだと。

慣れるまで・・・まだ低学年だから・・・親の都合のよいほうに子供を考えていたのです。

もう時間を戻す事はできません。
子供に本当に心から笑ってもらえるよう頑張ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック